こだわるってカッコいい

会社員から畑違いの食の世界へ飛び込んで、毎日が刺激で溢れていたけど、目の前の事を追いかけるのに精一杯。
やっと環境の変化にも慣れてきて、お仕事も少しずつ自分のペースが作れるようになってきたかな~
というタイミングで第一子を出産。
それから育児と家事、時々お仕事…の狭間でもがきながら、悩みながらも、家族、先輩、友人、
お客様・・・と沢山の方に支えてもらいながら、なんとかお仕事を続けてこられました。
この夏、第二子も3歳になり、ふとした瞬間「楽になったなー」と思います。ざっくり。笑

そのせいか??
近頃、身の回りのもの1つ1つ、本当に気に入ったものに囲まれて生活したいな、と強く感じます。
なので、今、SNSで見入っていまうのは、素敵な方が愛用されてるステキアイテムたち。
ま、眩しいっ~!!
いろいろ参考にして、自分に合ったときめくお気に入りと出会いたいものです。

コロナによって目まぐるしく生活環境が変わってしまった昨年、いろーんな事情が重なり
只今自宅を設計中でして、今年の夏は毎週毎週…ハウスメーカーさんとの打ち合わせに明け暮れました。
コロナで旅行や帰省もできない状況だし、丁度よかったのかもしれません。

そんな中感じたのが、設計士さんのカッコよさ。
何がカッコいいって、なんかこうこだわりのオーラに覆われているというか。
それって今まで沢山のありとあらゆるものを自分の目で見てきて、その中で自分はこれが好きだ!
これが良いと思う。だからこれが良いんだ。みたいな~こだわりの中に芯があるというかね。
特に何かについて話をしたわけでも、聞いたわけでもないけど、その人から染み出てくる
そのこだわりの存在がかっこいいなーと思ったのでした。

そういえば、設計士さんがいつもさっと出されるメジャーが、程よくカジュアルで、
さりげなく名入れもされていたり、とてもカッコよくて。
気になっていたので最終打合せの時に思い切って「そのメジャーどこのですか?」と聞いて
写真を撮らせてもらいました。
これよ。
カッコいいメジャー

身に着けているものが、さりげなくかっこいい人って素敵ですよね。
今までは取り急ぎで揃えていた文房具や雑貨、キッチンアイテムたち。
引っ越しを機に見直しつつ、買い替え時にはこだわりたいなと思うのでした。
・・・その前に断捨離しろ!!自分。

© 2021 SANO MIYABI